介護というのはある日突然やってきます。

昨日まで元気だったのに、ひょんなことからコケてしまいケガをして、寝込んでしまうこともあります。

そこから、動くことや外出することが億劫になってしまい、寝たきりになる高齢者も多くいるそうです。

外出時もそうですが、家の中でもバリアフリー化がすすんでいないと危険でいっぱいなのです。

そして、家の中で危険な箇所は「お風呂」と「階段」なのです。

国民生活センターが発表した「危害情報から見た高齢者の家庭内事故」によると、高齢者の家庭内における事故現場は、「階段」が最も多いと言われているのです。

また、死亡事故では「浴室内の溺死」がやけどに続く第2位でした。

階段での事故は、足が悪い高齢者に多く踏み外したり、足を滑らしたりして転倒するケースがあります。

高齢者の体の不自由さは、体に重りをいっぱいつけたように動きにくいです。

こけそうになっても体をかばう瞬発力はないのです。

体を守ることができないのでつまずいたりするだけで大きなケガにつながってりするのです。

対策としては、階段にカーペットをひいて滑りにくくしたり、手すりなどの介護用品を取り付けましょう。

照明も明るいものにすれば危険度は、かなり減るでしょう。

次に「浴槽」です。

溺死が多いと統計でも表せれているくらいとても危険な場所です。

発表された東京都生活文化局の調査報告書によると、浴室事故のパターンは2

パターンあるそうです。

一つ目は、脱衣所や浴室と、浴槽内の温度差に対応できなくて浴槽内で意識を失ってしまいおぼれてしまうケースです。

二つ目は、浴槽内や体を洗う洗い場で足を滑らせてしまい転倒してしまうケースです。

浴槽と洗い場の段差が高く、浴槽に入るときに足がひかかってしまい、浴槽の中で溺れてしまうこともあります。

洗い場の小物やタイルにつまずおたり、足を滑らせて頭を打ってしますこともあるのです。

リフォームすることが安全への近道ですが、難しい場合は、この点に気をつけてすべらないように介護用品のマットをひいたり、手すりをつけたり、浴槽と洗い場の段差をなくすなどの対策が必要です。

お年寄りにとってずっと住み慣れた家は、とてもとても思い入れがあり大事でしょう。

きっと居心地もいいはずです。

ほとんどのお年寄りが介護のために違う家に移り住むのを嫌がると言われています。

しかし、古く住み慣れた家には危険がたくさんあることを理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*